【おすすめ】kindle Paperwhiteが好きすぎて、同じ布団で寝ている【電子書籍】

今週のお題「マイベスト家電」

 

読書が好きです。

もちろん初めは紙の本を購入し読んでいたのですが、近年は専ら電子書籍を読書用としています。

使用している端末はKindle Paperwhite です。片時も手放さないほど愛用しています。

なぜ電子書籍に魂を売り渡したのか

速読の人間に紙はつらい

学生時代は毎日鞄に1冊、本を入れて登校していました。文字を読むスピードが少し速いため、薄めの本だった場合、休み時間ごとに本を開いているとうっかり読み終えてしまうことが多々ありました。読む本を切らすのはいけません。ただ、重すぎて2冊以上の本はとても持てません。

しかし電子書籍なら、端末の容量にもよりますが、数えきれないほどの量を持ち運べます。読み始めてやっぱり気分が乗らないから違う本にしよう…という優柔不断あるある行動が何回でも出来ます。更にネット回線さえあれば、出先で荷物を増やさずに新しい本を購入することも可能です。

自分の本棚を丸ごと持ち運べるこの感覚は、旅行や帰省の機会が多い人間にとってもありがたいものです。

潔癖の人間に紙はつらい

図書館と古本屋に入れない、軽め(?)の潔癖症です。紙の本にブックカバーを付けるのは当然のことで、それに加え清潔な手でないと触れないので、飲食しながらの読書がほぼ不可能でした。

しかし電子書籍であれば、使用後に端末を除菌シート等で拭くことが可能です。本を汚してしまうのではないかという余計な考えに囚われずに読書ができます。

また、夜、寝そべりながら本を読んでいると高確率で寝落ちしてしまいますが、電子書籍であればページがグシャっとなる悲劇が発生しませんし、しおりを挟まなくても何処まで読んだのか記録しておいてくれます。

財布・携帯・Kindle Paperwhite

なぜAmazonの端末にしたのか

Amazonで紙の書籍を購入していたため、そのまま移行しました。

大手なら簡単には潰れないだろう…という程度の考えでしたが、現状満足しています。

現在なら楽天Kobo等が比較対象かと思われますが、もはや好みの問題です。

なぜPaperwhiteを選んだのか

Amazonの電子書籍リーダーは大きく分けて3種類あります。

①Kinlle(無印)  ②Kindle Paperwhite  ③Kindle Oasis

ただ、①無印は安いが画質が大きく劣る点が気になり、③Oasisは他2つより高価格帯のため、初めの1台としては手が出しづらい。そのような考えで②Paperwhiteにしましたが、不便に感じたことはありません。

なお、割引率が大きいので、是非セール等で安くなる時期を狙ってください。

使い始めて気づいた良さ

目が全く疲れない

スマホをずっと見続けると起こる目の疲労感が、Kindleだと殆どありません。もちろんバックライトがきちんと付いていて、暗い場所でも問題なく読めるのですが、光の優しさが全く違います。初めて使用した際はかなり衝撃を受けました。

いつ充電したか忘れるほど長持ち

充電が長持ちしすぎて毎日充電する習慣が付きません。ちなみにきちんと%で残量が表示されているので、スマホの時の癖でつい注目してしまいますが、減るスピードはかなり遅いです。

お風呂でも読める

根がせっかちなのか、5分以上湯船につかっていることが出来なかったのですが、一緒に入浴するようになってからは気づいたら30分以上経過しています。ただ、防水であることに甘えて古い端末を風呂場で粗末に扱っていたら画面が固まったので、ジップロックに入れるなどして丁重に扱いましょう。

セールやポイント還元が多い

Amazonの電子書籍は割引セールやポイント還元を行うことも多く、うまく狙えばかなりお得に購入することができます。ただ、難点を挙げるとすれば、今現在割引がある書籍を効率的に検索する方法がなく、自ら割引情報を得るため外部のまとめサイト等で情報収集する必要があります。正直面倒です。

ここだけは注意してほしい

広告なしを選べばよかった

数千円をケチって広告ありにしてしまいました。今でも悔やまれます。

まぁ自分が見るだけだし、広告くらいいいだろうと軽い気持ちで選びましたが、広告といってもブログに表示されるようなバナー広告ではなく、待受画面にまるまる本の広告が出る形です。うっかり画面を上に向けたまま寝落ちなどした場合、自分の意思に反して、勝手におすすめされた本のタイトルが黒背景に白抜きの文字でバーンと表示されることもあります。家から一瞬たりとも持ち出さない場合以外は、前向きに広告なしを検討した方がいいと思います。差額ならお支払いしますので今からでも消してほしい。

漫画には向かない

文字だけの本ならばかなりの冊数が保存できるのですが、さすがに漫画はそもそものデータ容量が大きすぎます。もちろん、インターネットが使用できる状況下であればCloudに保管している漫画を少しずつダウンロードして読むことは可能ですが、面倒です。それに加え、当然ながらモノクロ表示なうえ、画面もそこまで大きくはありません。

カバーを間違えないように

間違えて無印Kindleのカバーを購入してしまいました。当然ながら全く入りませんでした。同じpaperwhiteの場合でも、世代によっても個体差があります。説明書きはきちんと確認しましょう。

 

以上、大好きなKindle Paperwhiteについて書けるだけのことを書きました。

今日も寝ながら読みます。