ひとりクローズドサークル

好きなものに対する思いをひっそりと呟くブログ

【ポケふた】那覇市のポケふたはどこにある?設置場所へ行ってみた【沖縄県】

ポケモンの絵柄のマンホール、通称ポケふた。

沖縄県内の各市町村にポケふたが順次設置されていますが、沖縄に存在する電車は那覇市内中心部を走るモノレール(ゆいレール)のみ。そのため、殆どのポケふたを見るためには車かバスでの移動を必要とします。

local.pokemon.jp

しかし、たった1枚だけ、那覇空港からゆいレールによる移動のみで見ることができるポケふたがあります。それが、国際通りにある那覇市のポケふた。観光や買い物の空き時間や飛行機の待ち時間にふらりと立ち寄ることのできる、大変便利な場所にあります。

設置場所への行き方を以下にまとめます。

国際通り

ポケふたは国際通りの牧志駅側の入口(出口?)にほど近い場所にあります。

行き方

ゆいレール「牧志駅」(那覇空港駅から約15分)の出入口1から外に出ます。道路上に降りてすぐ目の前にある、ローソン(那覇牧志公園前店)の交差点を左折すると国際通りに入ります。

そのまま道なりに進むと、5分ほどで大きく開けた交差点に辿り着きます。その交差点の左側にある広場のようなスペースの中心にぽつんとポケふたがあります。

引きの写真を撮り忘れたためストリートビューをお借りします。この写真左側の広場です。中央に植えられた木と奥の店との間にあります。

ポケふた(ウインディ)

f:id:nasuno_261:20221105230931j:image

シーサーに扮した2匹のウインディの絵柄。ちなみにシーサーは基本的にオスとメスの2体で1組。オス(口が開いている)を右に、メス(口が閉じている)を左に置くのが一般的とのこと。ポケふたのウインディもその置き方のとおり描かれています。

Googleマップ

文章では分かりづらい場合はこちら。

【おまけ】そらとぶピカチュウプロジェクト

flying-pikachu.com

現在沖縄では、飛行機やバスがポケモンのラッピングとなっていたり、ポケモンの絵柄が付いた各種グッズが販売されていたり、街全体がポケモンのフォトジェニックスポットになっているエリア(美浜アメリカンヴィレッジ)があったりと、様々なイベントが行われています。2022年8月にオープンしたポケモンセンターオキナワも含め、沢山の見どころがあります。

nasuno261.com